123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-23 (Wed)
今日は、文章だけの長い記事です。
地震当日の覚え書き等になります。

地震の日から、はじめての更新・・・。
何を書いたらよいのか、気持ち的にもなかなかブログアップできなかった・・・。

東北地方太平洋沖地震から12日が過ぎました…。
被災された多くの方々のお見舞いを申し上げます。
そして亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します…。

当日、あまりの揺れの激しさに一緒に仕事をしている方たちと外へ飛び出す。
飲食店の大きな鉄柱の看板がグラグラと横ぶれし、駐車場に停めてある車まで大きく揺れていた。
今まで私が体験した地震の中では一番激しい揺れ…
あかね・かい・りゅうたは大丈夫だろうか?!
それだけが、ただただ心配だった。
どのくらいの揺れだったのか、被害は無いか、
同じマンションに住む何件かのお友達に電話するも携帯はつながらず…
時間までなんとか仕事をし、急いで帰宅。 時間は5時。
ドアを開けると崩れ落ちた玄関先の物が足場を塞ぐ。思わず『何これ?!!』
その先に、丸まって震えているあかねの姿が目に入る…!
『ごめんね!ごめんね!』 と、あかねを抱きしめ涙が溢れ出てくる。
散乱した物を踏みつけながら急いでかいとりゅうたを探す。
ベッドの部屋にふたりともいる!良かった!無事だ!!
中を確認すると扉という扉が開き、中の物が崩れ流れでいる。
台所のカウンターの上のものはすべて下に落ち割れたものも散乱している。
重たい家具も移動している。
天井から羽根のついたシーリングファンも根元から折れ床に落下・・・。
その惨状で今更ながら恐怖心で動悸も激しくなり息が荒くなる・・・。
気が動転したまま、泣きながら家の電話番号のわかるムーちゃんママに電話をかけると
すぐに飛んで来てくれた(涙)
視線をベランダ窓際に移すと地震でロックがはずれ、さらに網戸も開いている?!
もう一度、かいとりゅうたを確認する。
さっきまでいたはずのりゅうたがいない?!!いつの間に?!
ベランダに出て、りゅうた!りゅうた!と泣き叫んでいると
同じ3階の2部屋隣のソラくん(猫)ママがベランダから顔を出してくれて
うちにいるよ!と…。
りゅうたもとても怖かったのだろう・・・ソラくんの家の押入れの奥へと逃げ込んでいた。
それでも見つかって良かった。本当に良かった(涙)
その間、ムーちゃんママがあかねを抱きしめていてくれた。
そして、床に散乱したもの、割れたガラス類の破片を片す間、
同じマンション1階に住むとんた母ちゃんが、あかねを預かりに来てくれた・・・(涙)

情けないことにそれでも暫く呼吸は激しいまま、涙は止まらず、呆然とするばかりだった・・・。

落下した何十キロもあるシーリングファンは、私がいつもパソコンをしている真上の位置・・・。
家にいたら、間違い無く自分の頭へ落下していたと思う・・・。
あかね・かい・りゅうたを直撃しなくて本当に良かった。

あれだけの揺れ、これだけの物がガシャンガシャンドスンと
割れたり落ちたり流れ出たりする物すごい音・・・
3兄妹にとってどれ程恐怖だったことだろう・・・(涙)
きっと私がいてもパニックになっていたに違いない・・・。

3階という事もあり、どれ程揺れが激しかったのかをつくづく感じた・・・。

とりあえず床の散乱した物を片付け、1階のとんちゃんちへあかねを迎えに行く。
少し気持ちが落ち着きテレビをつけて地震の被害状況を知る・・・。
こんな家の中がぐちゃぐちゃになったくらいで泣き叫んでいた自分が情けないくらいの被災状況を
目の当たりにして愕然とした。

自分がちょっと落ち着くと、みんなは大丈夫だったのか?!
急に不安になり思わずみんなにメールを送る。

パソコンも床に落下しており、壊れてしまったかも・・・と
確認する気にもなれず数日そのまま放置。

おとさんは、電車が動かず帰宅を諦めたものの
夜遅い時間になって動き出した電車で深夜帰宅。
おとさんの働くお店の方はそれ程物も落ちたりせず被害も無かったとのこと。

翌、土曜日と日曜日でおとさんとふたりで、家の中の片付け。
そしてかいとりゅうたとあかねが安全なように重たい家具の配置換え。
今回落ちていたものは、『落下する危ないもの』 と撤去。
まだまだ改善の余地はあるかもしれないけど気が付いた所から。
そして、車の中に避難用のアウトドア用品・食料・備品を詰め込む。
もしおとさんが仕事で、
私が一人のときに何かあったら、かいとりゅうたとあかねを守ってあげられるのは私だけ!
どうにか3兄妹を車に無事避難させられれば、暫くは車内生活でも大丈夫なように・・・。

今回の東北地方太平洋沖地震では、地震・津波・原発とたくさんの被害が出て、
今も予断を許さない状況です…。

毎日テレビを見ては心が痛みます。

今自分に出来ることは必要以上の買い占めをしないこと。そして節電。
暖房便座のスイッチを切る。照明も出来るだけ切る。とっても小さなことだけど。
いまだ余震でも揺れは激しい3階だけど、3階は比較的暖かいので、
キャンプ用の服を部屋で着たりして厚着をし、暖房器具は一切使わずに済んでいます。
夜も3兄妹+2人でギュウギュウで寝れば、それだけで暖かい

ライフラインも使える。 ガソリンはなかなか入れられないけど車も使える。
家族と一緒にいられる。
みんなでお布団で寝ることの出来るこの生活にただ感謝をするばかりです・・・。

ムーちゃんも心配なのに駆けつけてくれたムーちゃんママ。
あーちゃん、預かるよ。と飛んで来てくれたとんた母ちゃん。
自宅へ帰る前にまず様子を見に来てくれたムーちゃんパパ。
毎日一緒にお散歩しながら頑張ろうね。と元気付けてくれるメルママ。
心配してメールを送ってくれるお友達。
足りないものがあったら送るよとメールをくれるお友達。
たくさんのお友達のおかげで、心強くいられます。
本当に本当にどうもありがとう(涙)

今でも余震があると、あかねはビクビク飛び起きます。
かいとりゅうたは不安でソワソワし、『この家だけが揺れて怖くて危ない』
と思ったようで、窓辺でにゃぁ~にゃぁ~と鳴いて外へ出たがります。
早く余震も落ち着くといいね…。

先日の日曜日、久しぶりにすずラン家とみゅ~ず家と逢いました。
携帯電話やメールだけでなく、
やっぱり実際に逢って喋って笑顔を見るだけで、たくさんの元気をもらえる。
本当にありがとう。

この状況から脱するためにたくさんの方たちが頑張っています。

今もなお、避難所でそして車内生活で、自宅に戻り頑張っておられる被災者の方々。
きっと実際に体験しなくては語れない、とても辛い状況でしょう…。
どうか被災者の方たちにも落ち着いた生活、
そして心からの笑顔が戻りますように…。
被災地の1日も早い復興をお祈り致します…。
スポンサーサイト
* Category : その他。
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by ろくを母
おかさん、おとさん、あかねさん、かい・りゅうたさん、ご無事で何よりです。
遠方からこの地震の一報をだいぶんだってから知って、本当に驚き、恐怖でいっぱいになりました。
みなさまがご無事であったことを嬉しく思います。
もちろん、大変な方たちはたくさんたくさんいます。
私たちは私たちにしかできないであろうことを、少しずつしていくしかありません。
お互いをいたわりながら、助け合って進んでいきましょう。

* by 散歩日和
無事で何よりでした。

少しずつ復興、復旧に向けた動きが感じられ、被災者の皆さんにおかれては前向きな気持ちになって頂ければと切に願っております。しかしながら、原発の問題等まだまだ関東東北地区には不安な要素が大きく心休まる日もないことだろうと察します。
一日でも早く安心できる日が来て、皆さんの笑顔を取り戻すことができますようにお祈りいたします。

私も微力ではありますが支援に協力していきます。。。

* by とんた母ちゃん
あっちゃんが仕事で車無いのわかってたから地震発生してからずっと「あ~ちゃん、かい君、りゅうた君が心配でソワソワしてたよ☆
携帯も繋がらなかったモンね(´〇`)でも、本当に無事で良かったよ♪
関東はだいぶ余震も少なくなったけど、まだ安心出来ないけど出来る事あったら言ってね!
・・・あと少なくとも2年は基本的に家に居るから(一番近くにいるから)・・・(笑)
東北地方もこれから復興まで長い道のりだし、原発も体張って多くの人が復興に向けて頑張っているから、祈る事・節電・募金等しか出来ないけど笑顔で乗り越えていこうね(^^)


* by みゆうママ
ホント、みんなが無事でよかった!
シーリングファンが落ちたと聞いたときはびっくり!
我が家はたまたま早めにお散歩出てたときで
左側は畑、右側は道路、頭上には看板もないところだったから、
揺れながらも「ここでよかった…」って思ったよ。
心結なんて道路反対側のビルから一斉に人が出てきたもんだから
それにびっくりして吠えてた(^_^;)
まだまだ余震の心配があるけれど、頑張ろうね!

* by ひろ
まずはみんなご無事で何よりです。
あかねちゃん相当怖かっただろうね(涙)

我が家は幸せなことに、
そんなには散乱しなかったです。
そんなに物がないってことなのか??


あかねママの気持ちkわかります。
今回のことで、記事に書くということはやはり、多少心に余裕がないと書くことはできないものだと実感しました。

* by ゆか
ペット達だけで留守番させていると本当に心配になりますよね。
あの日はmixiだけが繋がる状態でした。
ウチもワンコ達だけで、オットの心配よりもワンコの心配でした。
トースターが落下していてワンコに当たってたらと思うと…(涙
柴犬ユイは地震を何度か経験してるせいかそれ程の動揺は無かったんですけど、黒犬ホタルはあれからオットにいつも付いてまわってます。
「震災から分離不安になるワンコが増えている」と獣医さんから聞きました。
人間は地震が分るけどワンコには「突然床が揺れて真っ暗になって、飼い主がずっと帰ってこない」ってものすごい恐怖なんでしょうね。
心のケアがしばらく必要そうです。
ちなみにウチのワンコ、緊急地震速報が分るようになりました(汗

みんな怪我がなくて良かった * by *のんのん*
あれから20日経ちましたね。少しづつ復旧してきて埼玉は普段と変わらない生活をしていますが…
私の田舎の友達が物資を運んでボランティアで大槌町にいき、愕然としてました。なのに被災者のみんなは励ましあって頑張ってると…

私もテレビみついて動悸がしたり不安定になってました。やっと自分体調を整えるのでいっぱいいっぱいですが、これからも不平不満は言わないでいこうと思います。

この地震で世界とのぎくしゃくした壁がなくなった気がしますね。

まだまだ先は長いけどできる支援をしようと思います 

皆さん、コメントどうもありがとうございます。 * by あかねママ
★ろくを母さんへ
ついこの間までは、宮崎が大変な事がいっぱいで
今も尚落ち着かない状況でしょうに…
北から南まで、今日本は大変な状況ですね(涙)
でもみんなで暗く沈んでいては元気付けられないので
出来ることから協力し頑張って行かなくてはいけないですね!
お互いに頑張りましょうね!
元気付けてくれてどうもありがとうございました!

★散歩日和さんへ
コメントありがとうございました。
いまだ原発は予断を許さない状況ですが
こちらは物資も落ち着いてきて
ガソリンも並ばず入れられるようになりました。
ライフラインも異常はあしませんし
ありがたいことです…。
被災地の方々の避難状況をテレビ等で見ると
胸を痛める日々ですが
自分たちで出来ることから取り組んで行けたらと思います。

★とんた母ちゃんへ
仕事から帰る道すがら、
とんた母ちゃんからのマンションの壁にひびが入ったよのメールに
いやな予感がし…
でもまさか玄関開けたら
あそこまでぐちゃぐちゃになってると思わなかったから
恐怖でパニックになっちゃったよ(涙)
でもムーちゃんママもとんた母ちゃんも駆けつけてくれて
あかねを預かってくれて本当に本当にありがとね(涙)
とっても心強いよ。
1階と3階ではやっぱり被害が違うね…
普段は景色良かったり日当たりもいいけど
余震でもまだ結構揺れるときあるからね(汗)
私も節電や募金等、今出来ることを頑張ろうと思うよ。
一緒に頑張ろうね。

★心結ちゃんママへ
心結ちゃんちはお散歩に出てるときだったんだね。
外なら落ちてくるものは無いけど
でもそれはそれで怖かっただろうね(涙)
シーリングファンまで落ちてて
あかね達を直撃しなくて本当に良かったよ(涙)
ライフラインも異常無いし、車も使えるし
ありがたいことだよね…(涙)
出来ることから協力し、頑張って行こうね!

★ひろさんへ
ひろさん家の方が震源地には近いから大変だったよね。
うちは多分3階だったから横揺れが激しかったみたい…
あかね達は揺れはもちろんのこと
物が落ちたり割れたりする激しい物音が怖かったと思う(涙)
普段から物をあまり置かない生活を心がけないとダメだね。
今更こんな記事を書いて…と迷ったんだけど
一度向き合って記事にしないと気持ちがリセット出来なくて…
これからも自分に出来ることは頑張っていかないとと思っているよ。
コメント本当にどうもありがとね!

★ゆかさんへ
コメントどうもありがとう(涙)
ホタルちゃんも相当怖かったんだろうね…。
どれだけ怖かったのかと思うと
申し訳ない気持ちと、この子達は絶対自分が守らなければ!
って気持ちになるよね。
とは言っても仕事には行かなければいけないわけで…。
今回、危ないと感じたところを改善したり
物を少なくしなくてはいけないと思ったよ(汗)
ゆかさんは、被災地に届ける物資集めを積極的にしたり
チャリティーステッカーを作ったりと
精力的に動いていて頭が下がる思いです…。
私も自分に出来ることは頑張らなければと思います!

★のんのんさんへ
コメントどうもありがとう(涙)
よくテレビで被災地を訪れているボランティア団体の方や
芸能人の人たちも
テレビで見るより実際被災地へ行って自分の目で見ると
テレビで見るより何倍も悲惨な状況だと伝えているよね…
その中でも避難所で頑張っている人たちや励ましあっている姿を見ると
私たちの今の生活は申し訳ないと思ってしまうくらい
普段の生活に戻りつつあり…
だからこそ、自分で出来ることはやらなければと思います。
本当にまだまだ先は長くこれからだよね。
私も頑張るね!


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。